フラワーギフトでお祝いしよう|喜ばれるプレゼント

プレゼント

開店の贈り物の選び方

スタッフ

開店の贈り物の相場

開店祝いは開店日の1週間前から前日までの間か、開店祝いの祝賀会に招かれた際に渡します。本人に直接手渡しするのがベストですが、遠方の場合は、郵送や宅急便でOKです。開店祝いの相場は相手との関係性によって変わってきます。贈る相手が取引先の場合は、1万円〜3万円程度、特に重要な取引先の場合は3万円〜5万円程度、友人・知人の場合は5千円〜1万円程度、身内(親戚)であれば、1万円〜5万円程度が相場です。贈り物だけでも喜ばれますが、メッセージが入るとさらに心のこもった贈り物となります。メッセージで気をつけなければならないのが、言葉と言葉遣いです。目上の人や取引先へのメッセージは特に言葉遣いに気をつけなければなりません。友人であれば、少し砕けた表現の方が、気持ちが伝わるかもしれません。言葉では忌み言葉や否定的な表現は避けます。「つぶれる」「傾く」「破れる」など倒産を連想させるような表現は禁物です。内容は基本的には、相手を不快な思いにさせなければ、何を書いても大丈夫です。身体を気遣うメッセージや、励ましのメッセージも喜ばれるでしょう。

開店の贈り物

贈り物は金一封か、商品券が一番喜ばれるかもしれません。開店時は支出が増えるかはらです。金額が相手側に分かるのが嫌という人は、カタログギフトもお勧めです。それ以外では、花、食べ物、飲み物も定番の開店祝いです。花は花束や観葉植物などです。ただし、観葉植物は、スペースを取ることもあるので、狭いお店には不向きかもしれません。食べ物はお茶菓子が一般的です。お店のオーナーだけでなく、従業員も昼休みなどに食べられるのでお勧めです。お酒はシャンパンや日本酒など普段飲まないような、少し高級なお酒を贈ると喜ばれるでしょう。定番のもの以外には、実用的な商品を贈る人もいます。家電やインテリア雑貨、オフィス用品などです。しかし、これらの実用品はすでに持っているので必要ないということも多いので、贈る前に、持っているかどうか確認しておく方が無難です。開店祝いの贈り物でタブーとされているのが、「火」を連想させるものです。ライターや灰皿、ストーブ、キャンドルなどが該当します。これら、火を連想させるものでなくても、全体が赤色の商品も避けた方が良いと言われています。