フラワーギフトでお祝いしよう|喜ばれるプレゼント

プレゼント

フラワーギフトでお祝い

ギフト

胡蝶蘭が人気がある

開店祝いでは、胡蝶蘭などの花束や、鉢植えを贈ることが人気があります。胡蝶蘭が開店祝いとして人気のある理由は、胡蝶蘭の花言葉が「幸福が飛んでくる」だといわれていて、縁起がいいことがあげられます。蘭の花は繁栄のシンボルともいわれていて、お店が繁盛するようにという思いも込められています。見た目が優雅で華やかで、上品なイメージなので、開店したばかりのお店に飾っておくと、人の目を引いてお祝いの雰囲気が盛り上がるのも、人気の理由です。においがあまりないので、飾っていても邪魔にならず、花粉が飛ぶ心配もありません。花が長持ちするのも人気の理由で、鉢植えなら1か月から2か月の間、花の咲いた状態を楽しむことができます。

贈る時期や金額の相場

開店祝いで花を贈る場合、赤い色の花は火事を連想させるので、避けた方が無難だといわれています。胡蝶蘭は白い色が一般的なので、開店祝いとして贈るのにふさわしく、メジャーな花になっています。開店祝いに花を贈る場合には、開業日をきちんと確認して、開業日の1週間前から前日までに、贈るようにすると安心です。企業として花を贈る場合には、木札をつけるのが一般的で、親しい友人などの場合には、メッセージカードをつけて贈ります。開店祝いの相場は、大体2万円前後で、フラワーショップに相談すると、予算内で相応しいギフトを見繕ってもらえます。インターネットから注文できる、フラワーギフトのショップもあり、希望した日時にお店まで届けてもらうことができます。